ハーレーダビッドソン 歴史

ハーレーダビッドソンの歴史について

オートバイのメーカーとして思い浮かぶメーカーはどのメーカーでしょうか。
日本のメーカーが思い浮かぶ人もいるかもしれませんが、同じくらいにハーレーダビッドソンを思い浮かべる人も多いでしょう。
では、ハーレーダビッドソンにはどのような歴史があるのでしょうか。
この会社はアメリカ合衆国のウィスコンシン州に本社があります。
設立されたのは1903年のことであり、創業者はアーサーダビッドソン、ウォルターダビッドソンの実の兄弟とウィリアムシルヴェスターハーレーの3人によって設立されました。
つまり、社名は設立者の名前からできたものであることがわかります。
当時のアメリカ合衆国では自転車が非常に人気な状態でした。
その延長でパワフルな自転車を作ることを思い立ち、エンジンつきの自転車を作成します。
彼らは技術や道具もほとんどない中で、他のバイクと遜色のない作品を作り上げることに成功します。
その後もハーレーダビッドソンは単なるバイクではなく、アメリカの文化を象徴するような作品を作り続けます。
そして現在の人気を獲得するようになるのです。
以上がハーレーダビッドソンの歴史です。


アメリカのオートバイメーカー ハーレーダビッドソン

バイク

ハーレーダビッドソン社は、アメリカ・ウィスコンシン州のミルウォーキー市を発祥とするオートバイメーカーです。
社名の由来は、アーサーとウォルターのダビッドソン兄弟両氏と、エンジン設計を担当したウィリアム・シルベスター・ハーレー氏によって設立されたことによります。
このメーカーの最大の特徴とは、いかにもアメリカらしい大排気量を誇った空冷式のOHVエンジンを採用したことでしょう。

1936年の「ナックルヘッド」と呼ばれるエンジン以来、低回転・高トルクなV型2気筒エンジンが生み出す鼓動のような独特な排気音や振動こそが多くのユーザーの心をつかむ最大の要素かもしれません。
また、低いエンジンの重心がもたらすその外観は、ロングツーリングに適した運転姿勢ばかりではなく、ユーザーがそれぞれの思いでカスタムしたくなるようなスタイルの魅力を秘めています。

ハーレーパーツ 通販

純正カスタムはもちろん、社外のカスタムパーツも多様に販売されていて、さらには豪華なカスタムパーツを個人で手作りするなど、ひとつの「ハーレーダビッドソン」という市場が形成されているようにも思えます。


ハーレーダビッドソン

ハーレーのスピードは遅い?

ハーレー

ハーレーは、アメリカの広い大地をゆったりとツーリングする目的で作られた大型バイクなので、スピードはそれほど重要視されていませんでした。そのため、日本のバイク乗りからすると、ハーレーと一緒にツーリングするのはスピードが合わなくて嫌と言われることもあります。

しかし、最近ではエンジンの能力も高まっていますし、スポーティーな車両も出ているので、必ずしも遅いわけではありません。のんびりツーリングを楽しむだけのバイクというだけではなく、走行性能も高められています。

ハーレーはカスタム性能が高いバイクなので、ノーマル状態では遅い車両でも、タイヤやホイール、エンジンなどをカスタムすることでかなり速くなることもあります。

例えば、世界最高峰のレースでも採用される軽いホイールに変えるだけで、引き起こしやUターンなども楽になります。小回りがきかないと走りにくい山道なども、このカスタムスタイルなら走ることができます。

他にも、最初の時点ではハーレーのエンジンのパワーはかなりセーブされていますが、インジェクションチューニングというのを施すことで、パワー制御を外して最大限のパワーを出せるようにすることもできます。

のんびりしたクルーザーバイクというのは、もはや昔の話です。

MENU